1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 熱物性解析・構造解析
  4. TG-DTA
熱物性解析・構造解析

TG-DTA

主な用途

融解、結晶化、相転移、反応といった熱的現象の発現温度および変化熱量の定性的評価と重量変化の測定などに用います。

主な仕様

製造元:ネッチジャパン株式会社

型式 TG-DTA2500
対象試料 金属、セラミックス、高分子、有機材料等
試料寸法 固体:直径φ4×厚さT1 mm
粉体:1~10 mg
測定温度 室温~1500 ℃
雰囲気 Ar等

主な特徴

1500 ℃までのTG-DTAの測定が可能です。
大容量容器にも対応可能です。
差動型によりバックグラウンドの影響を受けにくい。

装置の説明図および写真

TG-DTAの外観
TG-DTAの外観

熱物性解析・構造解析