1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 材料特性評価
  4. 高温状態観察
材料特性評価

高温状態観察

主な用途

各装置炉体の観察窓より、大気中で1600℃、真空・アルゴン中で2000℃までの材料の状態を直接観察できます。
金属、セラミックスの融点、表面張力、液体と個体の漏れ性等の測定が可能です。

装置の説明図および写真

高融点金属の融点測定
ろう材と金属の漏れ性評価

材料特性評価