1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 材料試作
  4. 超高圧HIP
材料試作

超高圧HIP

主な用途

熱間等方圧加圧(Hot Isostatic Pressing : HIP)法は、不活性ガス等を圧力媒体とし、高い等方圧力と高温との相乗効果を利用して、加圧焼結、欠陥除去、拡散接合などを行います。

主な仕様

製造元:株式会社神戸製鋼所

超高圧 高 圧 酸化雰囲気
ヒータ材質 黒 鉛 モリブデン 白 金
処理ガス Ar,N2 Ar Ar+O2
処理室寸法 直径φ50×高さH100 mm
坩堝材質 黒 鉛、BN BN、Al2O3 Al2O3
坩堝内寸法 φ33×17mm(黒 鉛、BN)
φ35×87mm(黒 鉛、BN)
φ45×74mm(Al2O3
最高温度 2000 ℃ 1300 ℃ 1200 ℃
最高圧力 980 MPa(10000 kgf/cm2 196 MPa(2000 kgf/cm2

主な特徴

【超高圧HIP処理】

  • 黒鉛ヒータが使用できる場合には、ArまたはN2雰囲気のもとで、最大圧力980 MPa、最高温度2000 ℃のHIP処理が可能です。
  • 黒鉛ヒータが使用できない場合には、モリブデンヒータを使用して最大圧力196 MPa、最高温度1300 ℃のHIP処理が可能です。

【酸化雰囲気HIP処理】

白金ヒータを使用すれば、O2分圧に敏感な酸化物系セラミックス等を、5 %以下のO2を含んだAr雰囲気のもとで、最高温度1200 ℃のHIP処理が可能です。

装置の説明図および写真

超高圧HIPの概略図
超高圧HIPの概略図
超高圧HIPの外観
超高圧HIPの外観

実績・その他情報

高温HIP処理前後のSUS製箔カプセル
超高圧HIP試作品
新エネルギー・産業技術総合開発機構 平成11年度調査報告書
「超高温オプトメカニカル複合材料の開発に関する研究」より

材料試作