1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 材料特性評価
  4. 超急速加熱装置
材料特性評価

超急速加熱装置

熱衝撃試験機

試料を急速に加熱(冷却)する3種類の試験機を保有しています。熱サイクル試験も可能です。

主な用途

試料を片面から急速に加熱(数秒で2000℃)する装置で、昇温中の試料の観察、耐熱コーティング層の断熱性評価およびセラミックス等の熱衝撃試験を可能とする装置です。

主な仕様

試験温度 ~2000℃
加熱方式 キセノンランプ加熱
雰囲気 大気/真空/アルゴン
温度計測 熱電対

装置の説明図および写真

材料特性評価