1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 熱物性解析・構造解析
  4. 示差走査熱量計(低温DSC)
熱物性解析・構造解析

示差走査熱量計(低温DSC)

主な用途

融解、結晶化、相転移、反応といった熱的現象の発現温度および変化熱量の測定と、物質の低温での比熱容量の測定などに用います。

主な仕様

製造元:ネッチ社

型式 DSC3500(熱流束型)
対象試料 金属、セラミックス、有機材料、高分子材料等
試料寸法 固体:直径φ5×厚さT1 mm
粉末:1~10 mg
測定温度 DSC:-170~600 ℃
比熱:-100~500 ℃
雰囲気 N2

主な特徴

熱流束型のため、幅広い温度で精度の良い比熱測定が可能です。

装置の説明図および写真

示差走査熱量計(低温DSC)の外観
示差走査熱量計(低温DSC)の外観

実績・その他情報

  • 各種耐熱複合材料の比熱測定
  • 各種耐熱複合材料の熱分解反応測定

熱物性解析・構造解析