1. HOME
  2. 事業案内・主要設備
  3. 材料特性評価
  4. 加圧水蒸気酸化試験機
材料特性評価

加圧水蒸気酸化試験機

主な用途

ガスタービンエンジン等に適用されるセラミックス材料やTBC(遮熱コーティング)、EBC(耐環境コーティング)等の材料の耐酸化性・腐食性を評価するため、高温・高圧下で水蒸気を含む模擬燃焼ガス環境を付与する装置です。

主な仕様

試験温度 ~1400℃
試験圧力 0.96MPa(9.5気圧)
導入ガス 空気、水蒸気、燃焼ガス
水蒸気分圧 0.3MPa(3気圧)
ガス流速 最大300mm/分
(1400℃において)

装置の説明図および写真

加圧水蒸気酸化試験機
加圧水蒸気酸化試験機
炉心管部・試料セット箇所
加圧水蒸気酸化試験機
装置系統図

材料特性評価